効率のいいエアコンを選びたい

四季があり湿気のある日本において、エアコンは欠かせない電器製品となっています。
特に最近は夏場の猛暑や冬場の極寒と異常気象が続いており、エアコンなくしては過ごせない状況が続いています。
これまで家庭内の電器製品の中でも、消費電力が一番大きいと言われていましたが、最近の製品は高い省エネ基準を満たすものが増えており、消費電力もセーブできるようになってきました。
夏場の冷風、冬場の温風のほか、除湿機能やマイナスイオン発生機能がついたタイプもあります。
また、脱臭機能がついたものや、自動クリーニング機能が付いたものもあり便利です。
定期的にフィルター清掃をしないと、冷暖房効率が落ちると言われていますが、自動でクリーニングできればその手間が省けます。
また、冷暖房効率を上げ、室内を快適に保つには部屋のサイズに合ったエアコンを選ぶことが必要です。
安いからとサイズに合わないものを買うと、しっかり冷暖房ができず、補助の電器製品が必要になり、電気代が高くつくかもしれません。